生キャラメルといえば北海道十勝産の花畑牧場が有名

スポンサードリンク

生キャラメルといえば北海道十勝産の花畑牧場の生キャラメルが有名なのではないでしょうか。
花畑牧場の生キャラメルはタレントの田中義剛さんが牧場長を務める牧場で作られたもので、味もノーマルなものからチョコ・ホワイトチョコ・抹茶・いちご、そして新発売のバナナ味種類も豊富にあります。 とにかく柔らかいのが特徴で、とろっと口の中ですぐに溶けてしまいます。また味もたいへん濃厚で、食べたあとでも口の中に残る感覚があります。
プレーン味が人気ですが、ほかの味も売り切れるほど人気があるみたいです。

生キャラメル以外にも花畑牧場ではスイーツ、ホエー豚商品など
さまざまな食品を取り扱っており、なんとあの生キャラメルを使用したピザなんかも販売しています。 キャラメル入りのピザはいわゆる
スイーツピザと呼ばれるもので、イタリアのスイーツピザ
「ドルチェピッツァ」をもとに開発され甘くトロっと溶けたキャラメルが
良い味を出しています。


一見、「ピザ生地とキャラメル?」と思われがちですが、これが意外にもマッチしておいしいそうです。
他にもカチョカヴァロピザやホエー豚使用のヒレカツや豚丼ハンバーグ、ホルモン焼きなども扱っています。
人気の花畑牧場食品、生キャラメルを機にいろいろ買ってみてはいかがでしょうか。

SPONSORED LINK


バンビの生キャラメルも人気があります

もちろん生キャラメルは花畑牧場だけではありません。バンビのイラストが印象的なバンビの生キャラメル人気があります。
こちらのキャラメルはチョコレートの中にキャラメルが入った新感覚のスイーツで、口に入れた瞬間中のキャラメルが溶けて
チョコと混じりふわっとした甘さをたのしむことができます。

またコンビニでは小袋タイプのバンビキャラメルも販売されており、こちらはチョコで包まれたものではなく生キャラメルのみを
たのしめます。包み紙の上から触っただけでも柔らかさを実感でき、口に入れるとすぐに溶け甘さが広がるのが特徴ですが、
少々甘さが強いようにも感じます。

コンビニキャラメルといえばローソンで期間限定で販売された商品も人気でしたね。ここでしか手に入れることができないというのも
人気の秘密だったと思いますが、何よりパッケージが変わっていておもしろい印象でした。
柔らかすぎるのでは?といわれるほど柔らかく、キャラメルというよりかピーナツクリームのようなそんな気さえする
不思議な食感のキャラメルでした。

過去にも多くのキャラメルが販売されていますが、やはり火つけに役になったのは花畑牧場のものではないでしょうか。
最近ではコンビニやスーパーとさまざまな場所で生キャラメルを見る機会が増えました。
商品によって甘さや食感、味も違いますから、食べ比べてみるとおもしろいかと思います。

スポンサードリンク